▼ MENU

他人の文章に輸血する方法(2)

投稿日: 2018年4月27日  | カテゴリ: コピーライティング

おはようございます!

 

XSサイズは無いんですよ。と聞く前から
店員にそう言われても小さな巨人でありたいと思う
集客コンサルタントの中村太郎です。

 

 

 


今日は朝から県内で打ち合わせで
車での移動となります。

 


弟2人が実家に遊びに
来ているとのことですので

 

打ち合わせが終わる夕方から
実家に顔を出し
久し振りに兄弟で
お酒でも呑もうかなと思っています。

楽しみ、楽しみ♪

 

 

 

さて、前回は
文章に血を通わせる方法ということで
私がいつも使っている
3行書き出し文を紹介しました。

 


なんだ、読んでないよ!
という方は、こちらをお読みください。

 → https://goo.gl/rk8EXG

 

 

自分らしさを出す3行テクニック

 

続きを知りたいという方の
熱いクリックをいただけましたので
約束通り、続きを書きますね^^

 

お話した通り、3行の中には
あなたの人となりを紹介する
フレーズを入れます。


性格、趣味、特技、容姿・・


あなた個人を立体に
描くための情報です。


上記に挙げたものを
肉づけしつつ3行にするのですが、

コツは性格、趣味など、
まずは「何について」
書くかを決めます。


次に、それが
「どれくらい」なのか?
程度を表すことを書きます。


そのまま

過剰なくらい慎重な性格の
中村太郎です。


と書いてOKです。

 

馴れてきたらチャレンジ!

 

でも、馴れてきましたら
ちょっと捻った書き方にも
チャレンジしていきましょう。


たとえば
すごく慎重な性格であることを
伝えたい場合であれば、


出かける前、ガスの元栓を
何度も確認してしまう慎重派の
集客コンサルタント中村太郎です。


と、「あるある!」というような
書き出しで始めると
人間臭さがプンプンしてきます^^


この辺りは馴れですので少し
練習が必要かもしれませんね。

 

 え~、難しいよ~!?


という声が聞こえてきそうなので(笑)
では、練習いらずの方法を
お伝えしますね^^


子供の頃の話を書くのです。


 小6まで忍者ごっこをしていた・・

 小学生の頃、夢はプロ野球選手だった・・


どうでしょう、


自分ってこんな人。
人となりがプンプンし、
親近感が湧いてきませんか?


写真じゃ硬い感じなのに
意外とかわいいところあるんだね!

などと、自然に良いギャップで
好感度を上げることも
できるのでオススメです。

 


迷ったら子供の頃を書く!
そして、馴れてきたら
性格や趣味などの
パーソナリティーを出していく。

楽しみながら
チャレンジしてみてください。

 


きっと、あなたの読者様も
楽しいと思いますよ^^

 


それでは今日も素敵な一日を
お過ごしください。

 

追伸

その他、集客に関係することで
何かご質問がありましたら
お気軽にお訊ねください^^

 

 

 

 

お約束

とはいえ、相談したら売り込まれるのでしょ?と心配される気持ちはよく分かります。
私は売り込まれることは大嫌いなので、自分がされて嫌なことはあなたにもしません。
また、売り込みがお互いにとって良い結果をもたらさないことも元営業マンとして知っています。
ですので「しつこい営業」はしません。


アーカイブ

2018

最新記事

お問い合わせ・無料相談
リスティング広告活用の個別訪問セミナー

会社情報

屋号:  上昇気流
代表者: 中村太郎 

営業案内

 平日: 9:00~18:00

電話番号

  054ー266ー5675

  090-6086-0441(携帯)

所在地

〒422ー8034
静岡県静岡市駿河区高松-13-3 307