▼ MENU

同時投稿はアリなのか?

投稿日: 2018年8月7日  | カテゴリ: コピーライティング

おはようございます!
 
張り切って買い溜めたキャンプ用品を
意地でも使おうと虎視眈々と時を待つ
集客コンサルタントの中村太郎です。
  

 

 

 


 
今日は朝からコンサル祭りです。
気合いだ、気合いだ~!(笑)
 
 

SNS連携ツール使用の是非について 


最近のサイトには
書いたブログ記事を
TwitterなどのSNSと連携し、
 
ブログ投稿と同時に
SNSにも配信されるものが
増えています。
 
 
こういった機能を
利用されている方って
結構多いのではないでしょうか?
 
 
今日はその連携機能の
是非についてお話します。
 
 
 
結論から言いますと、
 


 
   連携しないのが吉。
 
 
 
確かに連携ボタンひとつで
すぐに転載できるので
簡単で楽チンです。
 
 

連携しない方が良い理由

 


でも、連携で配信された
SNSの記事を
よく見て下さい。
 
 
 
タイトルとURL。
もしくは、最初の数行が
書かれただけになっていませんか?
 
  

   ブログを更新しました。
 
      見てね♪
 
 
 
どれだけの方が見てくれるでしょうか?
 
 
 
そもそもSNSを見ている
ユーザーは何を求めているでしょうか?
 
 
 
ネタです。
暇な時間や隙間時間に
楽しませてくれる情報、ネタです。
 
 
そんな彼らに
 
 
    ブログを更新しました。
 
      見てね♪
 

が、通用するほど
ネットの住人は甘くありません。
  

彼らに見てもらうには
どうすれば読んでもらえるだろうか?
 
タイトルをこうすれば良いかなぁ、
添付画像をこれにしたら
注目されるかなぁ・・

などなど。


目の肥えたユーザーを
振り向かせる工夫が必要なのです。
 
  

 

SNS別、転載のコツ


また、SNSによっても
工夫の仕方に若干の違いがあります。
 
 
Twitterユーザーは
140文字の中で
 
大まかにニュースを把握し、
短い時間でより多くの情報を
処理しようとします。

そのため、
 
キャッチ―な文言と
ある程度の内容が
伝わるものが好まれます。


たとえば、

 
 
 
  やったぜ稲本!

  逆転ゴールだ!!

 

川平 慈英さんのCM前の
一言が良い例です。


と言うように面倒でも
SNSそれぞれの持つ
特性を考えながら、
 
リードとなるコピーを
添えて拡散させるのが
ベストなのです。
 
  

何のために頑張って書いた
ブログをSNSに転載するのか?
 
 
読んでもらい、
関心をもってもらい、
 
 

   狙ったページへ
   誘致するためです。


単にSNSを
更新するだけじゃないんですよね。
 
 
というわけで
書いたブログにしっかりと
働いてもらうためにも
 
SNSへの転載を
強化してみてくださいね!
  
  
 
それでは次回また
メルマガでお会いしましょう!
 
今日も素敵な一日をお過ごしください^^
失礼致します。
 
   

追伸
 
その他、集客に関係することで
何かご質問がありましたら
お気軽にお訊ねください^^
 

 

お約束

とはいえ、相談したら売り込まれるのでしょ?と心配される気持ちはよく分かります。
私は売り込まれることは大嫌いなので、自分がされて嫌なことはあなたにもしません。
また、売り込みがお互いにとって良い結果をもたらさないことも元営業マンとして知っています。
ですので「しつこい営業」はしません。


アーカイブ

2018

最新記事

お問い合わせ・無料相談
リスティング広告活用の個別訪問セミナー

会社情報

屋号:  上昇気流
代表者: 中村太郎 

営業案内

 平日: 9:00~18:00

電話番号

  054ー266ー5675

  090-6086-0441(携帯)

所在地

〒422ー8034
静岡県静岡市駿河区高松-13-3 307