▼ MENU

媒体ごとの動画の特徴

投稿日: 2018年7月28日  | カテゴリ: SNSの活用


おはようございます!
 
運動をすると2日後から
筋肉痛が始まるオジサンBODYな
集客コンサルタントの中村太郎です。
 

 

 

 

 

台風の動きが気になります。
どうか被害が出ませんように。
 
ただ、ただ、
祈るばかりです。
 

動画には必ずゴールを示す


 

今、動画で集客するのが
すごく流行っています。

 

これから当分の間は
この動画ブームが続くと
GoogleもFacebookも宣言していますし、
 
更にInstagramまでも
賑わいを見せ始めています。


出来る限り動画は
押さえておきたいところですね。

 

動画の狙いは、


資料請求や見学会誘致、
新プランの紹介やブランディング・・


と、様々ですが、
動画を見せた先に

 


   資料請求して欲しいのか
  見学会に来て欲しいのか?
  チャンネル登録をして欲しいのか?

 

    つまり、
  動画を見た後に何をして欲しいのか?

 

をしっかりと伝える必要があります。

 


テレビCMですと
ブランディングが多く、


もちろん、ネットもブランディング目的で
CMを作る場合もありますが、

 


  今すぐこちらから
  資料請求を → URL

 

と、こんな感じで

具体的な行動を促すことで
成果が得られやすくなります。

 

 

YouTubeとFacebookユーザーの違いは押さえておこう

 


また、

 

ただ、同じ動画でも
YouTubeとFacebookでは
攻略方法がまるで違います。

 

これはどういうことかと言いますと、

 

YouTubeを見る人は、


『動画を見ようと思って
 YouTubeへアクセスするユーザー』であり、

 

対してFacebookは、


  暇な時に何となく流れてくる記事を
  何となく見ているユーザーであること。

 

動画を見るぞ!と
見る準備ができている人と、

できていない人とでは
ユーザー属性がまったく異なるんです。

 


つまり、

 

    動画の見せ方が
  全然違ってくるということです

 

結論から先にお伝えしますが、
Facebookで流す動画には

 

 

   必ずテロップ(字幕)を入れる


前述の通り、Facebookは
隙間時間を潰すために
 
ふらふらっと
眺めるものですので、
 
動画が出てきたかといって
カバンからイヤホンを
取り出して
しっかり鑑賞しよう!
 
という人は
そんなにいないです。
 
 
ですので、
 
音声が流れなくても
意味が通るようにする。

そのためにテロップを入れる。


これはとても重要なことですので
これから始める方は
意識するようにしてみてくださいね^^

  
 
それでは今日は
この辺で失礼致します。
 
 
今日も素敵な一日をお過ごしください。
 
  

追伸
 
その他、集客に関係することで
何かご質問がありましたら
お気軽にお訊ねください^^

 

 

 

 

お約束

とはいえ、相談したら売り込まれるのでしょ?と心配される気持ちはよく分かります。
私は売り込まれることは大嫌いなので、自分がされて嫌なことはあなたにもしません。
また、売り込みがお互いにとって良い結果をもたらさないことも元営業マンとして知っています。
ですので「しつこい営業」はしません。


アーカイブ

2018

最新記事

お問い合わせ・無料相談
リスティング広告活用の個別訪問セミナー

会社情報

屋号:  上昇気流
代表者: 中村太郎 

営業案内

 平日: 9:00~18:00

電話番号

  054ー266ー5675

  090-6086-0441(携帯)

所在地

〒422ー8034
静岡県静岡市駿河区高松-13-3 307