▼ MENU

必要なキーワードといらないキーワード

投稿日: 2014年12月19日  | カテゴリ: リスティング広告の基本

検索広告を出す際、

ユーザーの使いそうなワードを予測しながら、

キーワードの設定をします。

 

「このキーワードで検索してきた人に、広告を出す」

という設定です。

 

 

例えば、工務店が検索広告を始めようと思ったら、

「○○市 工務店」「○○市 木の家」

など、いろいろ思いつきますよね。

 

「○○市 工務店」の場合、

工務店は、資料請求やお問い合わせ、見学会やイベントなどの集客の為に、

未来のお客さんへ向けて広告を出します。

 

 

ただ、「○○市 工務店」で調べてくる人は、

「家を建てたい」という人ばかりではありません。

 

そこを見逃してしまうと、せっかく掛けた広告費が無駄になってしまいます。

 

 

「○○市 工務店 求人」

工務店で働きたい人に、ウチで家を建てませんか?

という広告を出す必要はありません。

 

また、会社のコンセプトと違う人 = お客さんにはなり得ない人は

出来るだけ避けたいですよね?

「○○市 工務店 ローコスト」

ローコストを売りにしていないのなら、コスト重視の人に広告を見せても仕方ありません。

 

 

このような、お客さんではない人に広告をクリックされないよう、

いらないキーワードを設定しておきましょう。

 

『このキーワードで検索をしてきた人には、広告を表示しない』

「除外キーワード」の設定です。

 

先ほどの例の場合、「求人」、「ローコスト」を除外キーワードとして設定しておきます。

 

 

このようにすることで、お客さんにはならない人に広告をクリックされる

ということを防ぐことが出来ます。

お約束

とはいえ、相談したら売り込まれるのでしょ?と心配される気持ちはよく分かります。
私は売り込まれることは大嫌いなので、自分がされて嫌なことはあなたにもしません。
また、売り込みがお互いにとって良い結果をもたらさないことも元営業マンとして知っています。
ですので「しつこい営業」はしません。


アーカイブ

2018

最新記事

お問い合わせ・無料相談
リスティング広告活用の個別訪問セミナー

会社情報

屋号:  上昇気流
代表者: 中村太郎 

営業案内

 平日: 9:00~18:00

電話番号

  054ー266ー5675

  090-6086-0441(携帯)

所在地

〒422ー8034
静岡県静岡市駿河区高松-13-3 307