▼ MENU

深~い潜在層へ糸を垂らす

投稿日: 2018年11月14日  | カテゴリ: マーケティング


おはようございます。
 
飛行機に乗る時は万が一に備えて
チケットの控えの予備を多めに持つ心配性な男、
集客コンサルタントの中村太郎です。
   
 
このメルマガを出して
朝食を取ったら
沖縄へ向かいます。
 
 
前回7月に行った時は
記録的な大型台風が
かすめるなど、
 
ある意味、
「持ってる」私ですが、
今回はさすがに11月ということで
天候は大丈夫そうですね^^
  
  
 
さて、
 
昨日はマーケティングマップの
話をしました。
 
 
まだ読んでない方は
昨日のメールボックスを
チェックしてみてくださいね^^
 
住宅業のマーケティングマップ例を
ダウンロードしていない方は
こちらからどうぞ

 → https://nakamurataro.com/files/7115/4205/1910/A.pdf
  
 

昨日は
潜在層を狙う方法がありますよ。
という話でした。
 
 
今日はその答えから
お伝えしたいと思います。
 

 
準備は宜しいでしょうか?
 
 
では、始めますね。
 
 
 
潜在層を狙う方法。
マーケティングマップを見ますと
 
潜在層へアプローチできている
集客施策は少ししかありません。
 
 
それだけ誰も手を出せていない
未開拓のゾーンなのですが、
 
 
ここを狙うには、
結論から言うと、 

 
 

  FacebookページとInstagramを
 
   使うことでアプローチが
 
    可能となります。
 
 
 
そもそも、潜在層というのは
あなたの商品を知らないばかりか、
 
 
購入する意思が
全く無い状態なので、
 
 
お察しの通り、めちゃくちゃ
営業されることを嫌います。
 
 
でも、
 
 
そんな状態であっても
あるスイッチをバチンと入れると、
 
潜在層からフワ~っと見込み客層へ
浮き上がってくるんです。
 
 
 
何か分かりますか?
 
 
 
ヒントはFacebook。
  
 
 
 

考えてみましょう!
 
 
・・・・
 
 
・・・
 
 
・・
 
 
考えましたか?
 
 
はい、
 
では答えを言いますね。
 
 
 
 
  友達が「いいね!」と言っている
 
 
え、そんなこと?
と思いました?
 
まぁまぁ、そう言わずに
続きをお読みください。
 
 

 
潜在的に見込み客なわけですから
何かのきっかけがあると、
スイッチが入ります。
 
 
あなたも経験が
あるかと思いますが、
 
気になるお店があって
そこに友達が「いいね!」や
コメントなどを付けて
仲が良いのが分かると
 
 
ちょっと好意的な目で
見ちゃいません?
 
 
もしくは
興味を持ちますよね?
 
 
  
  
潜在客にとって、
自ら「ウチの店良いですよ~~!」と
 
迫る営業マンは
地の果てまで飛び去ってほしいと
思うものです。
 
 
潜在客の気持ちを
こちらに向けるには、
第三者の力を借りるのが一番なんですね。
 
 
前置きを終えたところで
誰もが攻めあぐねている潜在層を
どう攻めていくのか?
 
 
次回から詳しく
お伝えしていきますね。
 
 

    
それでは今日は
この辺で失礼致します。
 
   
また次回お会いしましょう!

 
今日があなたにとって
素敵な一日でありますように。


 

追伸
 
無料相談は、ただいま休止中です m(__)m
 

お約束

とはいえ、相談したら売り込まれるのでしょ?と心配される気持ちはよく分かります。
私は売り込まれることは大嫌いなので、自分がされて嫌なことはあなたにもしません。
また、売り込みがお互いにとって良い結果をもたらさないことも元営業マンとして知っています。
ですので「しつこい営業」はしません。


アーカイブ

2018

最新記事

お問い合わせ・無料相談
リスティング広告活用の個別訪問セミナー

会社情報

屋号:  上昇気流
代表者: 中村太郎 

営業案内

 平日: 9:00~18:00

電話番号

  054ー266ー5675

  090-6086-0441(携帯)

所在地

〒422ー8034
静岡県静岡市駿河区高松-13-3 307