▼ MENU

鉄板ルール

投稿日: 2018年9月20日  | カテゴリ: リスティング広告の基本

おはようございます。
 
出張後の楽しみの一杯。遠方日帰りのため、
わずか10分しか滞在できなかった
集客コンサルタントの中村太郎です。
  
 
昨日は終日出張で
寝たのが10時を回っていたので
流石に今日は寝坊してしまい・・
 
 
   4時です(笑)
 
 
完全に釣り人のような
生活リズム。
 
でも、早起きは
ビジネスにも健康にも
良いと実感しているので
やめられないですね^^
 
 
 
さて、


昨日はネット広告の
手法を駆使して
 
認知 → 資料請求 → イベント参加
 
の流れを意図的に
作り出す手法を紹介しました。
  

いかがでしたでしょうか?
 
 
戦略さえ立てられれば
昨日お話したようなことが
できちゃうわけなんです。
 
 
 
でも、ネット広告も
魔法じゃありません。
 
 
どういうことかと言いますと・・・・。


 
はい、というわけで
今日のテーマは、
 
 
 
  すべてをマッチさせる
 
 
です。
  
 
 
ネット広告って
確かに狙ったユーザーに
リーチできるのですが、
 
 
言ってしまうと
それだけなんです。
 
 
単にアクセスを集めるだけの
ツールに過ぎないんですよね。
 
 
広告は集めたユーザーを
設定したサイトへ送ることが仕事です。
 
 
 
   つまり、送客
   集客じゃない。
 
 
行き着く先は、サイト。
ということで、 
 
 
飛び先のサイトも
ユーザーの心理に合わせた
ページを用意する必要があるのです。
 
 

昨日お話ししました、
 
 
1.初めて見かけた
 

2.再度、見かけた
 
 
3.資料を読んだ人が
 イベントの案内を見かけた
 

広告を使った
アプローチの手順に沿った
 
 

  その広告を見たユーザーの
  興味にマッチしたページへ
  直接飛ばすこと。
 
 
 
これがすごく重要なのです。
 
 
たとえば、分かりやすい例で
お話ししますと、
 
上記の3段階目。
 
 

 
資料請求を完了した方には
「そろそろイベントに参加しない?」と
誘うわけですから、
 
イベントページへ
直接飛ばすようにするんです。
 
 
もし、これがTOPページ
だったらどうでしょう?
 
 
ユーザーの気持ちで考えますと、
 
 
「なんだよ、イベントどう?って
 誘っておきながらTOPページ・・?
 イベントページは自分で
 見つけるのぉ~~!?」
 
 
 
となりますよね^^;
 
 
逆に「イベントどう?参加しませんか?」
みたいな広告文をクリックした人が、
 
直接、イベントページへ誘導されれば
迷わないですよね?
 
 
つまり、
 
  
   狙ったユーザーに合わせた
 
   広告文と飛び先のページ。
 
 
   これらをマッチさせる。
 
 
 
ネット広告で成果を出すには、
これがすごく重要に
なってくるのです。
 
 
そんな当たり前じゃん!
と思われるかもしれませんが、
 
意外とできていないことが
多いんです。
 
 
すでにネット広告を
使っておられる方は
今一度、見直してみてください^^
 
 


  
それでは次回また
お会いしましょう!
 
今日があなたにとって
素敵な一日でありますように。

 

失礼致します!
 
 

 

追伸
 
その他、集客に関係することで
何かご質問がありましたら
お気軽にお訊ねください^^
 
 

 

お約束

とはいえ、相談したら売り込まれるのでしょ?と心配される気持ちはよく分かります。
私は売り込まれることは大嫌いなので、自分がされて嫌なことはあなたにもしません。
また、売り込みがお互いにとって良い結果をもたらさないことも元営業マンとして知っています。
ですので「しつこい営業」はしません。


アーカイブ

2018

最新記事

お問い合わせ・無料相談
リスティング広告活用の個別訪問セミナー

会社情報

屋号:  上昇気流
代表者: 中村太郎 

営業案内

 平日: 9:00~18:00

電話番号

  054ー266ー5675

  090-6086-0441(携帯)

所在地

〒422ー8034
静岡県静岡市駿河区高松-13-3 307