▼ MENU

魅力的な広告文の作り方

投稿日: 2014年12月17日  | カテゴリ: リスティング広告の基本

広告文を作る際、多くの人は迷います。

伝えたいことはたくさんあるけど、文字数は限られている、

文字数を意識しすぎると、当たり障りのない、印象の薄い広告文になってしまう。

 

この壁をどう越えるかですが、

おすすめは、今出ている広告を参考にすることです。

 

 

パクリ・・・?

 

 

ダメです、パクってはいけません。

参考にするのです。

 

 

検索をする機会は1日に何度もありますよね?

その際、出ている広告をざっと見てみましょう。

 

これを続けることで、いい広告、そうでない広告の違いが

分かるようになってきます。

 

いい広告は、欲しい、とか、HPを見てみよう!という気にさせます。

 

その広告をどこかにストックしておき、後日まとめて見直すことで、

「こういう風に表現すればいいのか」と、ヒントが得られると思います。

 

 

また、雑誌、テレビCMなども参考になります。

雑誌は見出しの宝庫ですし、CMは15秒という短い時間で

視聴者の心を掴まなければなりません。

 

PPC広告、雑誌の見出し、CM全てにおいて言えることですが、

いい広告というのは、必ずお客さん目線で作られています。

「これだったら私も・・・」と思わせる作りになっています。

 

技術職の方に多い傾向ですが、ともすれば専門的過ぎてしまうことがありますが、

あくまでもクリックするのはユーザー。

 

どんな言葉なら反応するかを研究してみてはいかがでしょう。

お約束

とはいえ、相談したら売り込まれるのでしょ?と心配される気持ちはよく分かります。
私は売り込まれることは大嫌いなので、自分がされて嫌なことはあなたにもしません。
また、売り込みがお互いにとって良い結果をもたらさないことも元営業マンとして知っています。
ですので「しつこい営業」はしません。


アーカイブ

2018

最新記事

お問い合わせ・無料相談
リスティング広告活用の個別訪問セミナー

会社情報

屋号:  上昇気流
代表者: 中村太郎 

営業案内

 平日: 9:00~18:00

電話番号

  054ー266ー5675

  090-6086-0441(携帯)

所在地

〒422ー8034
静岡県静岡市駿河区高松-13-3 307